ジャニー喜多川社長って何者?生い立ちや家系図は?若い頃の画像も

ジャニー喜多川,ジャニーさん

日本ではもちろん海外でも知られている有名なジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さん。

メディアの前に一切姿を表さないことから「ジャニー喜多川さんって一体何者…?」なんて謎に思っている方も多い様子。

そこで今回はジャニー喜多川さんの生い立ちや家族、家系図などを探ってみたいと思います!

ジャニー喜多川社長のプロフィール

ジャニー喜多川,ジャニーさん
本名:ジョン・ヒロム・キタガワ
漢字表記:喜多川擴(きたがわひろむ)
生年月日:1931年10月23日(85歳)
出身地:アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルス市
居住:日本

ジャニーズ事務所の社長として、幅広く名前が知れ渡っているジャニー喜多川さん。

ジャニーズ事務所の他にも、ジェイ・ドリーム、ジャニーズ出版、ヤング・コミュニケーション、つづきスタジオの社長でもあり、とても実力のある実業家。

実業家であり、芸能プロモーターでもあり、音楽プロデューサーでもあるジャニー喜多川さん。

ジャニー喜多川という名前や出身地から「ハーフなの?」と勘違いされがちなのですが、ジャニー喜多川さんは両親とも日本人であり生粋の日本人です(笑)。

「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」、「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」としてギネス記録も持っているすごい人・・・!

ジャニー喜多川さんは、所属タレントを呼ぶときに「You」と呼ぶことが多いですが、横山裕に限っては「ヨコ」と呼んでいるそう(笑)。

また、「敬語は堅苦しいから」という理由で敬語禁止令というものを設定し、所属タレントはジャニー喜多川さんにタメ口で話しているそうです。

Sponsored Link

ジャニーさんの生い立ちは?

ジャニー喜多川,ジャニーさん

1931年にロサンゼルスで生まれたジャニー喜多川さん。

若い頃のジャニーさんがとても気になるのですが、残念ながら画像は見つからず・・・。

ジャニー喜多川さんは太平洋戦争中にアメリカに強制収容されていたそうで、その後1933年に日本に送還。大阪市で暮らし始めます。

その後、子供たちだけで両親の地元である和歌山県に疎開したのですが、そこで第二次世界大戦末期の和歌山大空襲に遇ってしまいます。

日本の敗戦後1947年に子供たちだけでロサンゼルスに帰国し、ジャニー喜多川さんは現地の高校に入学しました。

そしてアメリカで美空ひばりさんと知り合ったことをきっかけに、日本芸能界への興味が高まったそう。

1952年に再来日し、アメリカ大使館CIDの通訳助手として勤務。朝鮮戦争の戦災孤児に英語を教えました。

上智大学に入学しバンドを結成して芸能界へ参入。それ以降日本に永住しています。

所属タレントとタメ口で話したり「You!~しちゃいなよ!」というおなじみのフレーズから、「陽気なおじいちゃん」というイメージも強いジャニー喜多川さん。

しかし、実際は戦争経験者であり、波乱万丈で壮絶な人生を送ってきた方でした。現在のご活躍は、過去のつらい体験があったからこそなのかもしれませんね。

Sponsored Link

ジャニーさんの家族は?家系図も

そんな壮絶な人生を経験しているジャニー喜多川さんのご家族、気になりますよね。SMAP解散騒動でジャニー喜多川さんのご家族に興味を持った方も多いと思います。

家系図から、ご家族について探ってみたいと思います。

ジャニー喜多川,家系図,ジャニーさん

ジャニー喜多川さんの父親は高野山真言宗の僧侶、喜多川諦道さん。

1946年から1948年までプロ野球チーム「ゴールドスター(金星スターズ)」のマネージャーを務めたこともある方だそうです。

ジャニー喜多川さんの母親は、喜多川栄子さん。

アメリカから日本へ送還され大阪で暮らしていましたが、そこで喜多川栄子さんは亡くなったようです。

ジャニー喜多川さんの兄の名前は、喜多川真一さん。

NASAでアポロの設計もしていた科学者だったそうですが、1980年代に50代半ばで亡くなったそうです。

そしてジャニー喜多川さんと後に二人三脚でアイドル帝国を築く姉、メリー喜多川さん。

こちらがメリー喜多川さんです。

メリー喜多川

本名は藤島メリー泰子さんと言います。

弟であるジャニー喜多川さんが事務所を設立すると、メリー喜多川さんはジャニーさんの事務所で経理を担当し始めます。現在は会社経営の全般を取り仕切っているそう。

そしてジャニー喜多川さんの姪がジュリー藤島さん。

メリー藤島

メリーさんの娘で、ジャニーズ事務所の次期社長という噂もある方です。SMAPの解散騒動で一躍有名になった方ですね。

Sponsored Link

ジャニーズ事務所設立のきっかけは?

 

まさに日本を代表するアイドルの育成に成功しているジャニーズ事務所ですが、一体どんなきっかけで設立されたのでしょうか?

1960年頃、ジャニー喜多川さんは近所の少年たち約30名を集めた少年野球チームのコーチをしていました。

チームは自分のニックネーム「ジャニー」からとって「ジャニーズ」と名付けられました。

そしてある日、チームの子供達と鑑賞した映画「ウェストサイドストーリー」に感動し、エンターテインメント事業を興すことを決意。

1962年、ジャニー喜多川さんが集めた野球チームのメンバーである4名の少年により最初のジャニーズ(初代ジャニーズ)を結成しました。

最初は池袋にある芸能プロダクション「新芸能学院(現:名和プロダクション)」に籍を置いていましたが、1962年にジャニーズ事務所を立ち上げます。

創業当初は渡辺プロダクションと業務提携し渡辺プロダクションを窓口としていましたが、1975年に正式に株式会社として法人登記しました。

現在は姉のメリーさんやジュリーさんと、家族みんなで事務所を成り立たせています。

家族の強力なバックアップがあるからこそ、ジャニー喜多川さんが活躍できるのかもしれませんね。

まとめ

今回はジャニー喜多川さんの生い立ちや家族、家系図などについて探ってみました。

活躍の裏にはやはり相当な苦労もあるのですね。

たくさんの経験をしてきたジャニー喜多川さん、ジャニーズたちから慕われる理由が分かりました。

Sponsored Link

関連記事